前へ
次へ

行政書士の仕事は経費が少ないです。

行政書士の仕事は本人に代わって、官公署へ出す書類の代筆ですが、収入源の主ななものは、陸運局で行う自動車・オートバイの名義変更や警察署で行う車庫証明です。地域によって異なりますが、軽自動車でも車庫証明が必要なとこがあり、1件あたり5千円ほどの手数料収入が得られます。陸運局での名義変更は。4輪2輪とも1万円ほの手数料収入があります。ひとつの陸運局で10件行えば、一日で合計10万円の手数料収入となります。同県内には複数の陸運局があり、移動時間や新車検証の交付時間を考えると、2つの陸運局を回るのが限界です。警察署は県内に多数、点々とある割に手数料は低いです。自宅を行政書士事務所にしていれば、家賃は掛からず、経費は電話などの通信費と交通費ぐらいで、ひとりで行っていれば手数料の大半が利益になります。事務所を留守にする時は、転送で携帯電話にかかるようにしとけば問題は生じません。

Page Top