前へ
次へ

「行政書士」の仕事内容

「行政書士」とは、私たちの日常生活上で発生する様々な権利や義務に関して、書類を作成します。官公署に提出する書類の他、個人間での契約書の作成などにあたります。契約者双方の意見を聞き、それに基づいて売買契約書や賃貸契約書を書面にします。これにより、双方に法的効力が及ぶことになります。また、事実証明に関する書類も作成します。例えば、株主総会議事録や会社の資産内容の作成も行政書士の仕事になります。これらの書類の作成にあたり、依頼者の相談に応じることも仕事の1つです。また、平成14年7月から、行政書士に「代理権」が与えられることになり、依頼人に対して、より良いサービスを提供することが出来るようになりました。弁護士や税理士等の依頼を再度必要とすること無く、行政書士が窓口となりそれぞれの専門家に依頼することが可能になったのです。

Page Top