前へ
次へ

行政書士とはどのような資格か

行政書士とは、行政書士法に基づいて行政機関に提出する書類や、私人間における権利義務あるいは事実証明に関する書類の作成、作成に関する相談、提出手続きの代理などを行うことを業とする国家資格です。行政書士になるための方法は幾つかあります。まず一つ目は試験に合格することです。この方法がもっとも一般的な方法と言えます。次に弁護士、弁理士、公認会計士、税理士になる資格を有する人には行政書士となる資格も与えられます。もう一つは国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した人が一定の期間以上その職務を行った場合。あるいは特定独立行政法人または特定地方独立行政法人の役員または職員として行政事務に相当する事務を担当した人が一定の期間以上その職務を行った場合に資格が与えられます。

仕上がりレベルに妥協しない翻訳集団とは
HPはこちら

どんな相続問題も解決
名古屋で遺産分割のことなら専門の法律所をお訪ねください

大阪 税理士
効果の高いコストパフォーマンスを実現しています

弁護士 堺
個人・法人に関わらず離婚問題や相続・債権回収など幅広い分野を取り扱っています。

川越 弁護士

行政書士が扱う業務とは

行政書士の仕事は他の士業と違って幅広く掴みづらい。一般的に言われる大雑把な分類としては「官公署に提出する書類の作成と代理・相談業務」「権利義務に関する書類の作成と代理・相談業務」「事実証明に関する書類の作成と代理・相談業務」の3つに大別される。このうち「官公署に提出する書類」とは、主には事業に関する許認可関係で、行政書士業務の花形と言われる。例えば飲食店を出店する際の「飲食店営業許可申請」などだ。次の「権利義務に関する書類」とは、例えば契約書。当事者の権利や義務を取り決め、書面にする。他には相続が発生した際の権利義務を取り決めるための遺産分割協議書などもある。最後の「事実証明に関する書類」。これが一番分かりづらいが、代表例を挙げれば測量図や位置図など土地の事実を証明するものや、会計帳簿など会計に関する事実を証明するものなどがある。

Page Top