前へ
次へ

街の法律家である行政書士

行政書士とは、官公署に提出する書類を作成したり、それに付随する業務を行なったり、依頼者の相談に乗ってアドバイスを行なう場合もあります。取り扱っている書類の種類は1万を超えるとも言われていて、幅広い業務に携わることができます。街の法律家と称されることがあるほど、法律には明るくない地域住民のために法律的なサポートをしてくれる職業です。行政書士を目指すならまず、国家試験に合格するところから始まります。試験資格は特に定められていないので、年齢や性別、現在の職業に関係なく誰でも受験することができます。就職や転職する場合でも求人数も割と多く、独立開業して自分で事務所を起こすことも可能です。現在の情報化社会ではとても期待されている仕事で、将来性の高い職業でもあります。

Page Top